読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラジオ ああ、我が良き友よ・・・

生活の伴侶となっている、ラジオ日記です。

学生寮篇 その二 『帰省』

 

フ-テンの寅さん風な、田舎っぺ大将。

 

奥田の印象は、私にすればそんなようなところでした。

傍からみると、少々とっつきにくいム-ドを漂わせてはいるが

つき合っていくうちに、だんだん、ひょうきんな表情を味を見せてくれる。

一度、胸襟を開けば、生温ったかい笑顔が人懐こくて忘れられない。

 

 

入学、いや入寮したと言ったほうが正解でしょうか。

 

学生寮は、キャンパスのド真ん中にありました。

寮の門を出ると、そこはキャンパスです。

講義は、日に1~2回。多くて3回程度ですが、寮生活は、青春そのもの。

勉強より青春が好いに決まってる。


入寮したその夏休みに、アルバイトを奥田といっしょにやりました。

帰省・上京の切符代と、遊び銭稼ぎですね。

長崎は軍艦島の奥田。私は岡山の倉敷。うまい具合な帰省・上京、観光ツア-!

まずは、奥田のところでお世話になり、上京はついでに私のとこでお世話、する。。

 


東京から長崎。急行列車で、乗り継ぎもふくめて20時間くらいかかったかなあ。

長旅でしたが、そこは青春。車中泊(寝台でなく座席シ-ト)もまた楽し、です。

どんな話をしたか覚えていませんが、ラジオの存在感っていうものに似た空気があった。


声、笑い、臭い、煙草の煙、酒、するめ、駅弁、便所、灯り、闇、月、流行歌、夜明け、・・・

 

 

長崎駅に到着したのは、お昼を過ぎた頃でした。

どこか異国めいた、情緒感に包まれた安堵を覚えたのは

長旅の疲れが、駅構内を行き来する人々の意思溢れる明るさに、つい同調したのでしょう。

8月の初めは、長崎も暑かった。

 

 


心地よい潮風に吹かれて、

夕日に浮かぶ軍艦島は、むっつりとした表情で我々を迎えてくれた。