読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラジオ ああ、我が良き友よ・・・

生活の伴侶となっている、ラジオ日記です。

学生寮篇 その三 『軍艦島』

 

あれほど気持ちがいい潮風はいつの間にか止んで、夕凪の頃、軍艦島に着船。

 


”お帰りんしゃい”


出迎えに来られていた、奥田のおふくろさんとお姉さんが破顔しておられた。

私もつられて、笑いながら挨拶を交わしました。

奥田のやつひとり、どんどん歩いていく。

親子の久しぶりの対面とはこんなもの。照れくさいものです。

 

 

煙草一本吸う間に、島一周。

 

そんな話を聞いていた私も、そのちっぽけさに少々驚きました。

以前、世界一の人口密度で知られたこの高層アパ-ト群の島は、

確かに狭っ苦しくても猫たちには天国だろう。

が、どっこい、人も「住めば都」。

 


ゆったり、あくせく、力強く生活していた。

 


日に焼けた子供たちの笑顔に映える真っ白い歯。


猫が魚をくわえながらひょんひょん走る。

その猫をひしゃくを振り上げ叫びながら追っかけ回すおっかさん。

その光景を可笑しそうに、バタバタうちわを扇ぎながら楽しむおばあちゃん。

 

どこの家庭も窓を開け放し、窓から焼き魚の白い煙が流れて


野球中継の騒音やら、高笑いやら、赤ん坊の泣き声やら

酔いにまかせた男の怒鳴り声やら、茶わんの割れる音やら

一家団欒やら、独りぼっちやら・・・

 

清も濁もごちゃ混ぜの、海底炭鉱高層アパ-ト群の島は生きていた。

 

 


そんな環境の中で、奥田一家は生活してきたのだ。

 

滅多に訪れることのない、この島以外のよそ者だけど

息子の学友として、私は文句なしに歓待されたのです。

 


”ま、一杯”


親父さんからお猪口に注がれる酒越しに見えた、太い腕。


”頂戴します”


ひと息に盃を干した私は、返盃する。

大きな目に、笑みを湛えて親父さんは、


”よかよか。男ンくさ、かけつけ三杯”

 

奥田はおふくろさん似。

ひょんな時に気がついた。

 


近海モノの魚介類の美味いことといったら!

ワサビがきいた刺し身はまた絶品で、

肉料理に野菜サラダ、そして、〆は何といっても『長崎チャンポン麺』。

心に沁みる、一家オリジナルおもてなし料理の数々でした。。。

 

しかしながら、

記憶の断片に途切れ途切れのシ-ンが重なって、

食べているのか飲んでいるのか、かなり酔っていた私には判然としない。

おおいに飲んだ、飲まされたことだけは確かです。


証拠に、起床すると下半身が生温かく、うそ寒い惨めな思いをしてしまったから。

 

 

 

笑いを噛み殺しながら手を振る奥田と、おふくろさん。そして、お姉さん。

 


私は船上から、

 ”ありがとうございました”

 と、意地でも元気よく声を出して手を振り続けていました。

 

 

 

 

 

帰りの列車の中でラジオから流れていた曲は、

出来すぎでしょうが

 

内山田洋とク-ルファイブ「長崎は今日も雨だった」♪