読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラジオ ああ、我が良き友よ・・・

生活の伴侶となっている、ラジオ日記です。

学生寮篇 その四 『ギタ-』

 

吉田拓郎井上陽水かぐや姫泉谷しげる・・・

あの当時、フォ-クソングは大変なブ-ムでした。

 


同学年、同学部、同学科、同寮生の奥田とは腐れ縁みたいなもの。

お互いの恥部を弱さをさらけ出し、酒も浴びるほど飲んだ我が良き友の一人です。

 

 

同学年、異学部、異学科、そして同寮生。

私のギタ-先生とも呼べる我が良き友に、梶がいます。

 

バイト先の「平塚競輪場」で、警備員同士。

軽く敬礼を交わして右と左。ひと呼吸あって、


”よおっ”

”おおっ”


どこかで見かけたやつ。やはり。寮生だった。

 


巨人の星、「長嶋茂雄」を面長にしたさわやかスポ-ツマン。


そんな梶は、高校時代は柔道をやっていたそうな。

相撲を取った時、締まった体の筋肉ははち切れそうに弾んでいて、

あっという間に投げ飛ばされると直感した。

が、引き分けた。


やさしいな、こいつ・・・

 


寮室二人部屋に居た私のところへ、例の平塚競輪場以来よくやってきたよな。


同部屋の先輩が外泊する時は、

城達也ジェットストリーム」をBGMに、ひそひそ、青い春の話に花が咲いた。笑った。

どちらが早く卒業する。賭けをする。二万でどうだ。相場かな。

お互い、童貞であった。

 

 

ふしくれだった指先が、かろやかに踊る。

優しく烈しく、女(ひと)を愛する。

スペインの情熱。

禁じられた遊び』を目の前で弾いてくれた。

 

「クラシックはこれしか弾けねんだ。楽譜、見てよお。苦労したぜ」

健康そうな白い歯を見せて照れくさく、梶は笑った。

 


それから、

私はギタ-の虜に。

 

 

年の暮れ、アルバイトをして憧れのギタ-を手に入れた。