読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラジオ ああ、我が良き友よ・・・

生活の伴侶となっている、ラジオ日記です。

学生寮篇 その五 『レッスン』

 

梶、お好みの曲。ほんの一例です。

 


加山雄三「君といつまでも」「旅人よ」

北山修加藤和彦あの素晴らしい愛をもう一度

ジロ-ズ「戦争を知らない子供たち

五つの赤い風船「遠い世界に」

サイモン&ガ-ファンクル「サウンド オブ サイレンス」「ミセスロビンソン」「ボクサー」

ズー・ニー・ヴー「白いサンゴ礁

はしだのりひことシューベルツ「風」「花嫁」

吉田拓郎「今日までそして明日から」

ビ-トルズ「イエスタデイ」

モンキーズ「デイドリ-ムビリ-バ-」etc.

 

 


いつものように

仲間から借りてきたガットギタ-で、梶が歌い弾いた。

 


小気味よいピッキングは指(爪)先を絃に直にあてる。

上から下、下から上。こすり、たたき、きざむ。

手首を上下に利かせ、ときに円を描く。

気ままな動き。感性の響き。


つぶれた感のハスキーボイスは、自在に

大きく、小さく。

強く、弱く、優しく、激しく。

感情をこめ、また、突き放す。

 


ギタ-が鳴いている。

躰ぜんたいで歌い踊っている。

 


私も、自分のギタ-を抱えながら歌っていた。

眼は、梶の両手にすべて注がれていた。

 

 

 

千葉県は東部にある、九十九里浜近郊の漁師町。

梶は、そこで生まれ育った。

気は優しくて力持ち。


私も、二三度遊びに行ったことがありますが、

梶という男の、根っこを見た気がします。

 

 

 


1971年(昭和46年)の秋頃から始まったギタ-レッスン。

コ-ドを押さえるコツや、ピッキング奏法のテクなど、毎日のように教えてくれた。

アルペジオとスリ-フィンガ-は難しかったなあ。

下手くそな私を少しもけなさず、褒めに褒め、褒めたおしてくれた。

 

クラシックの『禁じられた遊び』の方は

楽譜を買って、自分なりに少しずつ弾けるようになりました。

もちろん、梶のアドバイス付きですが。

 

面倒見のいい気のいい奴なんですよ。^^

 

 

 

1972年(昭和47年)1月。

その曲は、ラジオから飛び込んできました。

 


吉田拓郎「結婚しようよ」