読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラジオ ああ、我が良き友よ・・・

生活の伴侶となっている、ラジオ日記です。

学生寮篇 その七 『南へ北へ』

 

 『旅の宿』

 

♪浴衣のきみは尾花(すすき)の簪(かんざし)♪


岡本おさみ作詞 吉田拓郎作曲・歌

 


旅愁を誘う風呂上り、その遅れ毛に汗ひとしずく

私なりの、『旅の宿』のイメ-ジです。

 

 

 


「結婚しようよ」を、毎晩のように歌っていたあのころ。

 

良きにつけ悪しきにつけ、世の中は『沖縄返還』に湧き、

パスポ-ト不要でいける沖縄は、ますます人気となります。

 


梶と仲間たちは、その波に乗りました。

旅の恥は掻き捨てのもうひとつの意味もふくめ。

 

それは、梶と私との賭け。

どちらが早く「男」になるか。

つまらない見栄の意地の張り合い。


受けて立つ気はさらさらありませんでしたが、

あわよくば、、、。色気が無いといったら嘘になる。

奥田との北海道旅行に、一縷の望みを。。

 

 

7月1日に『旅の宿』がリリ-スされ、旅ム-ドに拍車がかかります。

 

 

ラジオからテ-プレコ-ダ-に録音して、

音楽雑誌に掲載された『旅の宿』の楽譜とにらめっこ。

 

拓郎が弾く変則アルペジオをコピ-して、私もよく弾いていました。

 

 

梶はつくづくと、

”上手くなったなぁ、感心するぜ”


言ってくれる。


”北海道はいいだろうな。旅の宿は北海道のものさ”

 

”沖縄の旅の宿もいいんじゃない?”


私は、思わせぶりに返す。

 

”おたがいがんばろうぜ!!”

開けっぴろげに大声で笑って、梶先生は出ていった。

 

 

 

夢と希望と好奇心と時間。

そして、お金。

 

今回の旅の宿のために、一生懸命アルバイトに励みました。

お中元シ-ズンに欠かせない、軽自動車での宅配サ-ビスです。

ノルマはありませんでしたが、やればやるだけお金になる。

知らない土地なので、地図を片手に一軒一軒探しながらの配達はきつかった。

 

しかし、仲間がいた。


梶も奥田も私も寮生仲間たちも、夜遅くまで、ドロドロになりながら働いた。

 

 


一日の仕事がやっと終わったあとのビ-ルは、本当にうまかった。